• 美容師になるには

    まずは美容学校に通う
    美容師の国家試験の受験資格は、厚生労働大臣指定の専門学校を卒業または卒業見込みであることです。いわゆる美容学校で勉強した人だけがチャレンジできるのです。

    美容学校は全日制と夜間制がありますがいずれも通常の通学期間は2年です。通信課程だと3年になり、年に何回かスクーリングが実施されます。

    美容学校と一口に言ってもその特徴はさまざまです。昔ながらの大手もあれば、こぢんまりとした新しい学校もあります。オープンキャンパスもよく行われているので、実際に足を運んでみると良いでしょう。

    美容学校選びの注意点
    伝統のある美容学校ならば国家資格の合格率や就職率の高さを誇るところがほとんとです。カリキュラムの課題を真面目にこなしていれば、スキルも知識もしっかりと身につけることができそうです。

    一方で注意が必要なのは○○ビューティー科のような曖昧な名称のところです。本気で国家資格を取りたい人にとっては物足りない授業しかしていない可能性も否めません。

    また、美容師があわせて持っていると有利な各資格に関しての授業があるかどうかもチェック項目です。とくに、着付けの勉強をしておくことを強くおすすめします。七五三や成人式の着付けを行っている美容室は増加傾向にあるので、着付け師資格は持っていてソンはありません。

    働きながらでも勉強できる 
    夜間の美容学校や通信課程を利用すれば、仕事をしながら美容師国家資格を取得することも可能です。未経験者の募集をしている美容室も結構あるので、とりあえず就職してしまうのもひとつの方法です。

    ただし、資格がない人はシャンプーすらできません。お客様の身体に一切触れてはいけないのです。掃除、選択等の雑用になりますが、間近に先輩のハサミさばきを見ることができるのは大変勉強になります。

    美容師国家資格について
    美容師の国家試験に合格すれば、やっと美容師を名乗ることができます。働きながら勉強していた人は、やっとお客様のシャンプーをすることができるようになるのです。

    具体的には学科試験と実技試験があり、この両方に合格しなくてはいけません。学科は3月か9月、実技は1月か8月と、それぞれチャンスは年に2回です。

    学科試験はさまざまな科目があり、事前にしっかりと準備しておく必要があります。ただし、きちんと勉強さえしていれば解ける問題ばかりで難問・奇問の類はありません。