• 着物に関わる仕事をしている人にインタビュー

    着物にまつわる仕事にはさまざまなものがあります。大きく分けて着物の製作にかかわるものと、コスチュームとして人に着せたり自らが着用して働くものがあります。いずれも日本の伝統文化の担い手として活躍していますが、年々継承者が減少しているのが悩みどころです。

    といっても単純に高齢化しているばかりではなく、若い人で感心をしめす人も増えています。どれも一度専門知識と技術を身につければ一生使えるといっても過言ではないものばかりです。また、いずれも体力をあまり必要としないので高齢になっても続けられるところも魅力です。

    着付け師をするYさん

    着物に関する仕事の代表例は、着付け師でしょう。成人式や結婚式の振袖はもちろんのこと、最近では夏祭りの浴衣でさえも自分で着ることができない人が増えています。つまり、着付け師の需要は増え続けているのです。

    ワンタッチで着ることができる簡単浴衣も販売されていますが、やはりそれなりのものしかありません。きれいに浴衣を着ようと思ったら昔ながらのスタイルの方が断然おすすめで、そう難しいものでなく、かつては母から娘へと伝授されたものでした。

    しかし、そういった知恵が伝えられなくなったこの頃では、着付け師が欠かせない存在というわけなのです。実際に着付け師の仕事をしている人に話を聞くと、年々ニーズが高まっているそうです。

    和装士をするHさん

    着物を着たいという人は増えていても、そのお値段に尻込みしてしまう人も少なからずいることでしょう。しかし、着物が高額なのはそれなりに理由があります。基本的にミシンは使用せず1針1針手縫いで製作されているのである程度の値段になってしまうのは仕方ないのです。

    和裁は洋裁とはまた違う特殊なスキルも必要です。和裁士になるためにはそれなりの勉強も必要ですし、せっかく身につけたのであれば細々とでも仕事を続けて実力をキープしたいところです。

    自宅の一部屋を工房にしている子育て中の和裁士の話を聞いてみると、注意すべきことはいろいろとあるもののやりがいも非常に強く感じられるということです。

    染色家をするSさん

    さらに、手描き1点ものの着物となると、そのお値段は桁違いになります。そのような商品はもはや作品と呼ぶ方がふさわしいかもしれません。実際に、大学で美術の教育をしっかりと受けた上で染色工房に弟子入りするようなケースもめずらしいものではないのです。

    舞妓をするMさん

    そして、着物をコスチュームとして働く職業の代表としては舞妓があげられるでしょう。肩上げの振袖姿は非常に愛らしく、海外でも京都を表現するアイコンのひとつになっています。

    長唄、三味線、舞など日本の伝統芸能の継承者としての側面もあり、けっして宴会でお酌をしているだけの存在ではありません。女性だけの世界ということもあり、それなりに大変なことも多いようですが、そういった芸事が好きな人にとってはこれ以上やりがいを感じることができる仕事もそうはありません。

    わずか15歳で祇園の置屋に見習いとして足を踏み入れた人に実際の話をうかがうことができました。

    以上のように、着物に関する仕事といってもじつに多種多様です。しかし、日本の伝統を守るという同じ目的で結ばれている同志といっても過言ではありません。かつて着物がより日常的なものだった時代には、その着方も縫い方も各家庭で伝承されていくものでした。

    すっかりハレの日の衣装となってしまった現代では、それぞれプロの知識と技術に頼るしかありません。たとえ、そのようなかたちであっても、これからも着物という文化が絶えることはないでしょうし、それに携わる人たちの仕事がなくなってしまうというのもまず考えられないことなのです。