• デパートの呉服売り場で働くRさん

    呉服屋の仕事内容

    大型のデパートなどには必ずある呉服売り場。
    デパートの中でもその部分だけ別世界のような空間になっている呉服売り場ですが、着物が好きな方にしてみれば憧れの空間かも知れません。

    最近では、デパートの呉服屋でもアルバイトを募集している所も多く、これを機会に呉服屋のショップ店員として働きたいと思う方も増えて来ていますが、実際に呉服屋で働くという事がどういう事なのかわからない為、とても不安に思っている方も多いと思います。
    そこで、こちらでは、現在呉服屋で働いている方にお話を聞いてみました。

    「デパートの呉服屋のお仕事ってどんな事をするのですか?」
    デパートの呉服屋のお仕事で最も重要な物は接客になります。
    着物が欲しくて来店してくれる方に着物のアドバイスを行ったり、実際に着用してもらう時の着付けなどを行います。

    呉服をご購入させる方は、年齢が高目になっておりますので、言葉使いや作法などはとても気を使います。
    また、お客様は呉服に対するアドバイスを求められますので、現在の和装のトレンドなどはもちろんの事、日本の伝統や文化に関する勉強も行って色々な面からアドバイスができるように努力は欠かせません。

    また、お客様がお店にいらした時にゆっくりと着物が選べるように、店内ディスプレイには非常に力を入れています。
    ご年輩の方でも無理なく選べるようにディスプレイの高さや距離などには非常に気を使っております。

    特に一般的な路面店などと違いデパートに入っている呉服店の場合には、にぎやかしの方も大勢いらっしゃいますので、とりあえずお店に来てくれた方に、いかに着物について興味を持ってもらえるかというのは重要なポイントになります。
    その為に日々努力を欠かすことはできません。

    着物コンサルの資格

    「デパートの呉服店で働く為に盛っておいて方が良い資格はありますか?」
    デパートに入っている呉服店は、路面店とは違いますがしっかりとした知識があるのと無いのとでは売り上げが大きく変わってしまいます。
    その為、着物コンサルタントなどの資格を持っていると就職に有利に働くだけでなく、実際に働き始めてからもしっかりと働く事ができますので着物コンサルタントはおすすめです。

    着物コンサルタントの資格は、文部科学省、経済産業省の全日本きものコンサルタント協会が主催するきものコンサルタント認定試験に合格する必要がありますが、試験内容はきものの素材やマナー、着装実技、指導能力まで問われる非常に難しい試験となっております。

    また、着物コンサルの資格の取得には着物の着付け経験が2年以上必要ですので、着物の着付け経験が2年以上ない方は、先ずはそちらの経験をつむようにしてください。