• 旅館で働くEさん

    旅館で働くということ

    テレビのドラマなどに良くなっている旅館のお仕事は、基本的に着物を着用してのお仕事になります。
    高級旅館の場合には、住み込みで働いている方も多いのですが、大抵の旅館の場合には、アルバイトでも働く事が出来ます。

    これまで接客業をしてきた方でも、旅館で働くという事は全く意味合いが変わってきてしまいます。
    旅館で働きたいけど不安が残るという方の為に旅館で働くという事はどういう事かをインタビューしてきました。

    「着物の着付けができません。こんな私でも働く事ができるでしょうか?」
    旅館で働く方が最も心配しているのは、着物の事だと思います。

    これまであまり来たことが無いという方は、着物を一人で着なければいけないのかと不安になると思います。
    これは旅館にもよるのですが、最初のうちは着物の着付けは教えてもらえます。

    また、先輩の着付けのお手伝いなども旅館の立派な仕事になりますので、お手伝いをしているうちにいつのまにか覚える事ができると思います。
    その為、着付けで不安に思う事は全然ありませんのでご安心ください。

    「着物で働くメリットを教えてください。」
    着物を着て働くメリットは大きく分けて二つあると思います。
    一つ目は、単純に着物の着付けが出来るようになるという事です。
    着物の着付け教室に通って着付けを習得するとなると、どうしても時間やお金がかかってしまいますが、料亭で着物を着て働くようになれば、着付けを習っている時間も時給が発生してきますので着付けを習いたいという方にとってはメリットでしかないと思います。

    二つ目のメリットとしては、着物を着ながらお仕事を行う事で、動作に色々な制限が生じてきますので、長時間着物を着て働くようになると、いざ着物を脱いだ時でもしなやかでキレイな動作が行えるようになります。
    作法は習って出来る物ではありませんので、これは大きなメリットだと言えます。

    なぜ旅館で働くのか

    「旅館で働くメリットはありますか?」
    旅館で働くメリットとして最も大きいのは、その旅館で働いていたという職歴が付く事です。

    就職活動などの場合、アルバイトがコンビニよりも旅館の方が接客の質が高いので有利に働くと言えます。
    特に一流と呼ばれる旅館で働いた経験があれば、ホテルや旅館への就職活動で有利になるのはもちろん、営業などのお仕事や外資系の会社のウケも良い為、アルバイト歴が有利に働く事になります。

    また、旅館での接客経験は、普段の生活にも生かされる部分が多く、家事スキルが大幅に上がったり話し方などを変える事ができますので、自然と接客スキルを上げる事ができます。
    これは、面接だけでなく入社した後にも人間関係を構築する為に必要なスキルになりますので、大きなメリットだと言えます。