• 華道家

    華道家の仕事内容

    kadou華道家の仕事とは、花を生けることです。季節に応じた花をふさわしい器に、飾る場所に合わせてアレンジします。

    よく注意してみると日常生活のいたる場所に花が飾られているものです。プロの華道家ともなれば、たくさんの人の目に触れるコンサート会場や公共施設等に花を飾るチャンスもあります。

    自宅で花を飾って個人的に満足するだけではなく、多くの人の目を楽しませることができるのは魅力的です。生け花を教えることと合わせて、より数多くの人に花のある暮らしの素晴らしさを伝えることが仕事なのです。

    華道家になるには

    華道教室や専門学校で師範の免状を取得した後は、自由に弟子をとって教えることができます。どこかに講師として所属している人もいますし、自分で華道教室を主催している人もいます。

    講師ならば安定した月収を得ることができますし、自分で教室を開く場合には収入は不安定でもライフスタイルに応じた働き方ができます。子どもが小さいうちなどは自宅で教えるなど、住職接近していた方が何かと便利です。親子で参加できるワークショップを開いてみるのも良いでしょう。

    華道家に向いている人

    何よりもまず花が好きな人に向いています。日本には四季折々のさまざまな花があり、その名前や特性を頭に入れるだけでも結構大変ですが、そういったことが苦にならない人でなければ続きません。

    知識だけではなく、いかに美しく飾るかというのも非常に重要です。美的センスに優れていることも大切な条件です。

    また、人に教える仕事でもあるのでコミュニケーション能力の高さも必要です。着物姿での生け花講師を依頼されることもあるので、和装にも興味があればなお望ましいです。

    華道家の年収

    華道家の年収はまさにピンからキリまでで、平均的な概算を出すことは非常に困難です。華道教室の職員の場合は月収約20万円程度ということもありますし、スポット勤務ならば日給・時給計算になり月に数万円程度という場合もあります。

    しかし、有名な華道家ともなれば、テレビなどに出演する機会も増え、年収1億円以上も夢ではありません。2020年に開催される東京オリンピックでも花でのおもてなしも当然考えられていると思われますが、そういった公共事業を手がけることができれば収入は桁違いです。