• 華道家になるには

    まずはお稽古から
    華道家になるには、まずは華道教室のお稽古に通うことからスタートします。個人のお教室がほとんどですが、そういった空間が苦手ならば専門学校で学ぶというのもひとつの方法です。

    流派によっては専門学校で師範の免状まで取得できる場合もあります。同時にフラワーアレンジメント等の講座で勉強して資格を取ることもできるというメリットもあります。花の仕事を多角的に考える良いチャンスです。

    好みの流派を見つける
    華道と一口にいってもじつにさまざまな流派があります。池坊流、草月流、古流などが有名ですが30以上の流派があるとも言われています。それぞれで生け方が異なるので、自分の好みのところを選ぶようにしましょう。

    希望する流派の華道教室に弟子入りして、5~10年お稽古を続ければ師範の免状を取得することもできます。より短期間で師範免状を得たい場合には専門学校もおすすめです。ただし、専門学校で学ぶことができる流派は限られているので注意が必要です。

    免状について
    他の和のお稽古事同様に、華道にも免状のシステムがあります。免状を取得して教室を開くには当然費用がかかりますが、他にくらべて比較的安くすむという説もあります。

    確かに着付けは着物、茶道は茶道具などある程度のものを揃えようと思ったらかなりの投資を覚悟しなくてはいけません。一方、華道ならば花器、鋏、花材程度を揃えればとりあえず始めることはできます。

    華道の先生も和服を着る機会は結構ありますが、着付けや茶道の先生のようにオールシーズン最高級の着物を揃えておく必要はありません。親から譲り受けた和服や道具一式があるなら別ですが、何もないところからのスタートならばおすすめは華道です。

    複数の資格取得もおすすめ
    花の仕事に関する資格はいろいろとあります。たとえば、フラワーデザイナーの資格を取得すれば、ブーケ、コサージ、アレンジメントなどを手がける時に便利です。

    日本古来の生け花はどの流派でもしっかりとした理論体系ができあがっていますが、またそれとは異なる知識を学ぶことも作風を豊かにするきっかけになります。もちろん、仕事の幅を広げるチャンスにもなります。

    また、最近では華道よりもアレンジメントを学びたいと希望する人も増えています。需要に合わせて、そういったものも学べる華道教室として看板を掲げているところも増加傾向にあります。