• 着付け師の仕事

    着付け師の仕事内容

    現代社会において日常的に和服を着る機会はほとんどないものの、お祝いごとには着物でのぞむという女性は少なくありません。七五三、成人式、結婚式と人生の節目ぐらいは和装できめたいと願う需要は結構あるのです。

    しかし、自分で着付けができる人というのは決して多くはありません。
    >>独学での着付けの習得について【Yahoo!知恵袋】

    着付け師の仕事とは、そんなおそらく一生に一度の晴れ姿を作るため、手早く美しく和服を着せることです。

    着付けと一言でいってもシチュエーション、季節、年齢によってふさわしい着こなし方があるので、広く深い知識が必要とされます。もちろん、手先の器用さや技術力が必須なのは言うまでもありません。

    勤務形態としては、美容院、写真館、呉服屋に専属スタッフとしてたずさわることがほとんどです。なかにはスタイリストの事務所に所属しながら和装スタイリストとして広告や雑誌などでも活躍している人もいます。

    着付け師になるには

    いったいどのようにすれば着付け師の職に就くことができるのでしょうか。まず最初にほとんどの人は着物教室等のスクールに通い、スキルと知識を身につけます。公民館などで無料の着付け講座が開催されることもあるので、まずはそのようなものに参加してみるのも良いでしょう。

    お教室に通学するにあたっては、あらかじめ着物一式を用意しておかなくてはいけません。最初はスクールで貸してもらえるものを利用してもかまいません。しかし、高価なものでなくてもかまわないので、いつでも自宅で復習できるように必ず自前のものを揃えましょう。

    初心者コースを経て師範コースまで終了すれば、生徒に仕事を紹介してくれる着物教室もあります。免状を取得すれば自宅で教室を開くこともできます。美容院や写真館に勤務する場合には免状などはとくに必要ありませんが、国家資格の着付け技能士を取得しておくのもおすすめです。

    着付け師に向いている人とは

    和服が好きなことはもちろん、日本の伝統に興味がある人に向いています。状況に応じてふさわしいものを的確に選ぶことができ、季節の情緒への敏感さも重要です。美的センスもあれば申し分ありません。

    また、礼儀作法とも関連が深いので、姿勢を正しく保つことができ礼儀正しく常識をわきまえていることも大事です。時には型を崩した着付けをすることもありますが、あくまでも基本を抑えていなくてはいけません。

    いずれにしてもお客様相手の仕事ですし、いずれは着付けの先生として指導する機会も増えるので、コミュニケーション能力の高い人に向いています。

    着付け師の年収

    着付けを一人担当して2,000円~という単価が平均的ですが、個々のケースに応じて値段は変動します。結婚式等のおめでたい席の場合にはご祝儀もプラスされます。

    着付け師単独の仕事で高収入を得るのはなかなかハードなので、美容師を兼ねていたり、ヘアメイクアップも一緒に手がけているといったケースも少なくありません。