• 着付け師になるには

    まずは着付け教室を選ぶ
    着付け師になるには、何らかのスクールに通うというコースが一般的です。個人的な教室から大手チェーンまでさまざまな形態があるので、自分に合ったところを選択するようにしましょう。

    多くの場合、無料体験を受け付けているのでまずはいくつかチャレンジしてみて比較するのもおすすめです。お稽古事なので先生との相性はとても重要なので、納得がいかないまま本契約を結ぶようなことは避けた方が賢明です。

    初歩ならば市町村が主催している無料講座でもマスター可能です。しかし、着付け師として活躍できるレベルをマスターしようとしているのであれば、はやりいずれかの着付け教室に通うことが結局は近道です。

    着物を買わされる教室がある?
    着付け教室と一口に言ってもその形態はさまざまです。よく「着物を買わされた」というような話も聞きますが、いったいどういうことなのでしょうか。

    スクールに通うにあたってはいずれは着物一式が必要になります。手持ちのものを利用してももちろんかまわないのですが、教室によっては講習料をタダにするかわりに着物を購入してもらうシステムを採用している場合もあります。

    教室を決める際には単純に無料だからと飛びつかないで、家にある和装一式でレッスンするのか、新しく購入するのをかきちんと決めて、それに沿ったかたちのところを選べばストレスなくレッスンを続けることができるでしょう。

    免状について
    華道や茶道のように着付けもある程度の技術を取得すると、免状をもらうことができます。ただし、申請費用は数万円から数十万円とけっして安くはありません。

    免状さえあれば自宅で着付け教室を開くこともできて大変便利です。ただし、トラブルの元にもなりやすいので必ず入会前に取得方法を確認しておきましょう。

    国家資格を取得する
    着付けに関する資格としては、着付け技能士という国家資格もあります。試験内容は全日本着付け技能センターのサイトに詳しく記載されています。
    >>着付けの国家技能検定【全日本着付け技能センター】

    受検料は学科試験は8,900円です。実技試験は1級18,500円、2級16,700円と免状に比較すればリーズナブルです。履歴書に記載してアピールすることもできます。興味のある方は取得しましょう。