• 茶道家

    茶道家の仕事内容

    茶道家の主な仕事は茶道を教えることです。お茶のたて方はもちろん、客人のもてなし方、礼儀作法も含めて、日本の伝統文化を伝えることを生業にしているのです。
    ocha表面的には决められた型を伝授しているだけに見えるかもしれませんが、じつはそれ以上に精神性が重視されています。伝えようとしているのは茶の心なのです。

    茶道の精神と作法はお茶席だけではなく、現実社会のなかでも意外に役立ちます。お茶に興味を抱いている外国人も多いので異文化交流にも有効です。コミュニケーション能力を高めるにも茶道は役に立つのです。
    より茶道の文化を広められるように茶道専門の英会話スクールもあるようです。

    茶道家になるには

    まずは希望の流派の先生のところに弟子入りするところからすべてがスタートします。基礎的なお稽古からスタートして師範の免状を取得するまでには時間が必要です。

    しかし、一度師範になれば茶道教室に勤務したり、自分で教室を主催したり、ライフスタイルに応じた働き方を選べるところが魅力です。師範になればそれで終わりなのではなく、一生研鑽が必要な仕事ではあります。

    主な流派に表千家、裏千家、武者小路千家があります。それぞれ似ていますが違いもあるので注意しましょう。作法が異なるだけではなく、携わっている人たちの雰囲気も結構違います。派手好み、渋好み、いろいろな流派があるので、自分にピッタリなところを選択するようにしたいものです。

    茶道家に向いている人

    日本の伝統文化に興味がある人に向いています。お茶席をしつらえるには、単にお茶のたて方だけではなく、古美術等に関する造詣も深くなくてはいけません。

    四季折々の風情を敏感に感じて表現するセンスも必要です。季節感を大切にしている人におすすめの職業です。

    茶道家の年収

    家元は免状を発行すれば収入を得ることができますが、 一般の師範の場合は茶道教室の月謝が主な収入源になります。月謝は一人あたり5,000~10,000円が相場です。

    子どもに茶道を習わせる人もいますが、この場合はさらにリーズナブルです。しかし、親子グループでの気軽な講習会にもしやすいので、教える側からすれば子ども茶道=利幅が少ないというわけでもありません。

    有名な茶道家になれば、講演会、テレビ、雑誌など活躍の場も広がりますし、億単位の年収も夢ではありません。