• 染色家の仕事

    染色家の仕事内容

    染色家は布の柄をデザインして染色することが仕事です。着物の反物を製造するには欠かせない存在です。

    ろうけつ染め、型染め、友禅染め、しぼり染めなどさまざまな伝統的手法を使いこなし美しい布を作り上げます。また、手描きを駆使して布をキャンバスにクリエイティビティを発揮することもできます。

    反物で培った手法を用いて、着物にとどまらず広くテキスタイルデザインの世界で活躍している染色家もいます。

    日本の染色家の技術に注目している海外テキスタイルメーカーもあり、国内外を問わず活躍している人もいます。吉岡幸雄さんもその一人です。
    >>日本を代表する染色家【紫のゆかり 吉岡幸雄の色彩界】

    染色家になるには

    プロの染色家として働くには、用途に応じたさまざまな染め方を使い分ける高度な技術を身につけなくてはいけません。長い伝統の中で培われてきた日本独自のメソッドも多く、学ぶべきことは多岐にわたります。趣味ではなく商品として通用するレベルに達するには相応の努力も必要です。

    活躍の場を得るには、着物メーカーの工場や呉服店の工房のほかに、一般的なアパレルメーカーやテキスタイルメーカーに就職するという道もあります。なかには初心者OKの求人もあるので、働きながら専門知識と技術を取得する方法もあります。

    いずれの場合でも、働きながらスキルアップして、将来的には独立することも可能です。染色作家として認められれば、人間国宝にまでのぼりつめる人もいます。

    そのレベルまで達する人はほんの一握りですが、そうなると手がけたものは商品ではなくもはや作品であり、まさに桁違いの値段で取引されることになります。

    染色家に向いている人

    デザイナーとしての側面を持っているので、表現への情熱をしっかりと持っている人に向いています。美的センスやオリジナリティが重要なのは言うまでもありません。

    そういった自分なりの世界を表現するために、コツコツとした手作業が欠かせないのが染色家の特色でもあります。デザイナーでありなおかつ造形作家あるいは画家であるといっても過言ではありません。ひとつの作業をスタートしたらとことん熱中してしまうような人にピッタリです。

    染色家の年収

    染色家の年収はまさにピンからキリまでです。職人の世界なのでまさに実力勝負といったところです。

    工場や工房のスタッフとして勤務している場合は年収300万円未満というケースも結構あります。高収入ではないかもしれませんが、やりがいを重視して従事している人が多いようです。自分が手がけた作品が商品として流通するのを見届けることは得難い経験です。

    一方で、フリーランスの染色家として認められれば年収1,000万円以上も夢ではありません。自分の工房を構え、染色ワークショップを開催して副収入を得ることもできます。